スタンプ印を劣化させないために

スタンプ印を利用する際には使用後の手入れはしっかりと行わないと劣化してしまう可能性があります。できる限り長く使用したいと思う人が多いので、そのためにもここでは使用する際の手入れについて紹介をします。

まず大切なのが、インクを適度に補充することです。スタンプ印は朱肉を使用せずにインクを使用して捺印をするタイプなので、スタンプ印の中には既にインクが詰め込まれています。朱肉を使用せずに捺印できるので魅力的ですが、インクがなくなると印影が薄くなります。インクが減っているのに放置していると印面が乾いて固まりやすくなり、インクを新たに補充しても手遅れとなることもあるので、なるべくインクは適度に補充をするようにするといいでしょう。

また、使用後は汚れやゴミが付着していないか確認をしておきましょう。印面は例えば埃などが付着すると綺麗な印影にすることができません。埃などが付着している場合は取り除くことが大切です。しかし埃などを取り除く際には爪を使用する人もいますが、爪で取り除くと印面を傷つけてしまう恐れもあるので、例えばセロテープなどの粘着力のあるアイテムを使用して取り除くと印面を傷つけることもありません。

このように、手入れや保管は重要になるので、事前に調べておくと長く使用することができます。