スタンプ印を劣化させないために

スタンプ印を利用する際には使用後の手入れはしっかりと行わないと劣化してしまう可能性があります。できる限り長く使用したいと思う人が多いので、そのためにもここでは使用する際の手入れについて紹介をします。

まず大切なのが、インクを適度に補充することです。スタンプ印は朱肉を使用せずにインクを使用して捺印をするタイプなので、スタンプ印の中には既にインクが詰め込まれています。朱肉を使用せずに捺印できるので魅力的ですが、インクがなくなると印影が薄くなります。インクが減っているのに放置していると印面が乾いて固まりやすくなり、インクを新たに補充しても手遅れとなることもあるので、なるべくインクは適度に補充をするようにするといいでしょう。

また、使用後は汚れやゴミが付着していないか確認をしておきましょう。印面は例えば埃などが付着すると綺麗な印影にすることができません。埃などが付着している場合は取り除くことが大切です。しかし埃などを取り除く際には爪を使用する人もいますが、爪で取り除くと印面を傷つけてしまう恐れもあるので、例えばセロテープなどの粘着力のあるアイテムを使用して取り除くと印面を傷つけることもありません。

このように、手入れや保管は重要になるので、事前に調べておくと長く使用することができます。

  • コメントはまだありません

スタンプ印の用途


出典元 ‘いいはんこやどっとこむ®_
印鑑専門通販ショップ

印鑑の中でも様々な用途に使われているスタンプ印ですが、どんな用途で使用されるのか知りたいという方もいるのではないでしょうか。実際に様々な用途に使用されているので、ここではスタンプ印が何に使われているのかについて説明をします。

まず1つ目は、ビジネスとして使用されることです。昔からよく使用されているスタンプ印ですが、よく使用されるものとしては、例えば会社名や店舗名が記載されたスタンプ印です。会社やお店などでは使用することも多く、こうした会社の情報を文字でいちいち書いていると効率が悪くなりますが、スタンプ印なら素早く注意事項を記載することができるので効率もよくなり便利です。他にもビジネスシーンでは多く利用されるアイテムなので、仕事の効率を良くしたいと思っている人などは利用について考えてみるといいでしょう。

続いて2つ目に使用されるシーンとしては、名字が記載された家庭用のスタンプ印です。例えば宅配物が届いた際にサインか印鑑を求められると思いますが、その際に特に名字が長い方や画数が多い方は手書きでサインをするのは面倒でしょう。印鑑と言ってもわざわざ朱肉も出したりするのは手間もかかりますし。しかし、自分の名字のスタンプ印を持っていれば、わざわざ朱肉に付ける手間も、手書きで名字を書くこともせずにポンと押すだけで対応できるので大変便利です。

  • コメントはまだありません

スタンプ印の印鑑を通販で購入する際のポイント

スタンプ印は現在様々な用途に使用されていますが、その中でも主にビジネスシーンで使用されることが多いと言われています。スタンプ印の印鑑を購入しようと思っている場合は購入する場所で迷っている人もいますが、近年では通販で買う人も多いと言われています。これから通販を検討する人もいるかと思いますが、通販と言ってもショップ数は多いので、ここでは購入する時のポイントについて話します。

まず、スタンプ印を購入する時には、サイズなどを調整してくれるかについて確認をしておきましょう。例えば、ビジネスシーンで使用するスタンプ印には様々なサイズが存在しています。大きなものから小さなものまで様々ですが、通販サイトによってはサイズの調整が可能なところもあり、それぞれ用途に応じたサイズを作成してくれます。サイズは重要になるので、購入する際にはサイズの調整が可能な通販のショップを選ぶといいでしょう。

また、通販で購入する時には素材についてもこだわれるか確認しておくといいでしょう。例えば、実印や銀行印の作成では素材についてこだわることができても、スタンプ印は既存のものからしか作れないなど素材にこだわれないところも存在しています。長く使用したい人は素材もこだわった方がいいので、選ぶときは豊富に取り扱っている通販サイトを選ぶようにするといいでしょう。

このように、通販でスタンプ印を購入するポイントについて話しましたが、スタンプ印を購入するときにはまだまだ知っておきたいことがあるので、このサイトでは引き続きスタンプ印について話します。

  • コメントはまだありません